「泳ぐのに、安全でも適切でもありません」江國香織

泳ぐのに、安全でも適切でもありません 江國香織泳ぐのに、安全でも適切でもありません
江國香織
集英社 2005/02
定価:¥ 480

アマゾンで詳細を見る
「泳ぎがうまかろうか拙かろうが、一度水に入った者がそんなこと言っていられるか」
細かいところはうろ覚えですが、「月と六ペンス」の主人公の好きな台詞です。 はじめ、「泳ぐのに、安全でも適切でもありません」の表題を見たとき、 この台詞と関係あるのかと思い購入しました。 実際は「月と六ペンス」と繋がりはなかったみたいです。

「月と六ペンス」の激情に狂いまくっていた主人公と違って、
「泳ぐのに、安全でも適切でもありません」は、
日常に満足をしていないが、かといって、特に不幸でもない女性の話です。

泳いでことから、
必死に抜け出そうとあがいてる「月と六ペンス」と
肯定的に受け入れてるわけでないが、
価値も見出している
「泳ぐのに、安全でも適切でもありません」。
主人公の行動は違うけどテーマとして通じているところがあるなと思いました。

書評(10点中) 4点
読みやすさ +0.5点
趣味は「読書」:泳ぐのに、安全でも適切でもありません