「流しのしたの骨」江國香織

流しのしたの骨 江國香織 流しのしたの骨
江國香織
新潮社 1999/09
定価:¥ 540

アマゾンで詳細を見る
江國 香織の小説は、生活感を感じない。 何か、斜陽のお母さんみたいな印象を受けました。 ゆったりしているけど、狂気じみている。 登場人物がアーティスト肌というのか、 そんな感じがあります。

別に悪い意味でなく、
読んでいておとぎ話みたいな感じで気負わずに読めるので
たまに、江國 香織を読もうかなと思います。

ペットを飼った瞬間、
作中で死ぬと思いました。
小説では
作中でペットを飼う=死(+お墓)
という、僕はかってな先入観があります。
(物語が始まる前から飼ってるペットはその限りではないけど)

書評(10点中) 3点
読みやすさ +0.5点
趣味は「読書」:流しのしたの骨