「ジーキル博士とハイド氏」 スティーヴンソン

小説の基本情報 ジーキル博士とハイド氏 (新潮文庫)表紙
ジーキル博士とハイド氏
スティーヴンソン
田中 西二郎
Robert Louis Stevenson
新潮社
発売日:1967-02
定価:¥ 300
130ページ
アマゾンで詳細を見る

2重人格の小説にしては、
たいしたことない小説だけど、
サスペンス小説としてなら面白い。
でも、
サスペンス小説にしては、
落ちが知れ渡りすぎている小説だと思う。

普通に読んでいたら、
最後までジーキル博士とハイド氏が同一人物と疑うこともなく
衝撃の話だったかもしれない。

ジーキル博士氏の不可解な行動。
物語は緊張感あふれている。
にもかかわらず、
なんと、
ジーキル博士とハイド氏が同一人物という
衝撃の事実は、
読む前から
裏表紙の解説で、暴いちゃってる
どっちかというと、
2重人格と分かってからの話が主みたいになって
物語上、まだ隠してるの、感がある。
そのために
ジーキル博士とハイド氏は
サスペンス小説として価値が損なわれてると思う。

それにしても、
新潮さん、
お願いですから
内容が知れ渡ってる名作だとしても
裏表紙にあからさまにネタばれを書かないでください。

うかうかと裏表紙の解説を読めません。

モームの名作「月と六ペンス」のラストを
裏表紙の解説で知った時は、
あまりにも嘆かわしくて、
これをテーマにして
大学にレポートを提出した。

何かレポートを装飾して作成しようというワード文書作成の講義で

再読

書評(10点中) 5点