「星を継ぐもの」ジェイムズ・P・ホーガン

小説の基本情報 星を継ぐもの (創元SF文庫)表紙
星を継ぐもの
ジェイムズ・P・ホーガン
東京創元社 1980-05
定価:¥ 693
309ページ
アマゾンで詳細を見る

SFを代表すると言われる作品で、
東京創元社文庫の
ベスト・セレクションフェアで
2005年、2006年、2007年と連続で唯一入っている。

読む前から、定番の小説で失敗しないと思ってたが、
期待以上に面白く、
予想外のラストがすごい。
読み終わっても、
遠い、宇宙と古代へと思いをめぐらせてしまう感じがいい。

読まないともったいないと思う小説の一つ。

世界中が注目している重要な会議に
まるで、その一員として
参加している気分にさせてくれる。
各分野の学者が難しそうな話してても、
わかったつもりになれるように書いている。
発想もすごいけど、
小説家としての腕もすごい。

ちなみに、
映画のZガンダムⅠのサブタイトルは
「星を継ぐ者」を元につけているらしいが、
映画の最初に漂っているノーマルスーツは、
小説からモチーフをえているみたい。
(ZガンダムⅡ「恋人たち」はフィリップ・ホセ・ファーマーという人の小説のタイトルらしい)

書評(10点中) 7点

十角館の殺人同様
「あんまり書くと、小説の面白さを損ないそうなので書かないけど」
と書こうと思ったんだけど、
だったら、なんで読書感想文をネットで
公開してんだろうと思った。