「十五少年漂流記」ヴェルヌ

小説の基本情報 十五少年漂流記 (新潮文庫)表紙
十五少年漂流記
ジュール・ヴェルヌ
波多野 完治
新潮社 1951-11
定価:¥ 420
285ページ
アマゾンで詳細を見る

そろそろ読書感想文にも
飽きてきたので、
今回は、
十五少年漂流記のブリアンにゴマをする、
読書ゴマすり文を書いてみます。

十五少年漂流記を
読ませていただきました!
ブリアン様は、
以前から、われわれと違うと思っていましたが、
こんなすごい経験をつんでおられたなんて思いもよらなかったです。
2年間も十五人の半分が幼年期の子供たちだけで
無人島で過ごすなんて奇跡っスよ。

バクスターが作った記録をもとに作っている本にもかかわらず、
ブリアン様の賛辞ばかり。
ブリアン様のことだから、
本に書かれていない活躍のほうが多いんじゃないんっスか?

ただ、本を読んでいて残念に思ったのは、
もっと、強引に、
ブリアン様をサポートする人間がいなかったことです。
北東に見た島影など、
ブリアン様の意見を積極的に採用していれば、
もっと早くこの島を抜け出せたのに。
すごく歯がゆい思いがしました。
私自身はなんの役にも立ちませんが、
もし、私がこの十五人の一員であれば、
ブリアン様意見を強く押して、
ブリアン様のお役に立てた気がしてしかたありません。

チェアマン島で貫かれた三つの精神
一、一度行うときめたことは、必ずやりぬくこと。
一、機械を失ってはならない。
一、疲れを恐れるな、疲れることなしには、値うちのある仕事はなしとげられない。
は、これからの私の生きる指針とし、
辛いことがあったとき、
一人ではとても立ち直れないと感じたとき、
十五少年漂流記を開くことにします。
十五少年漂流記は、私の座右の書です。

もし、ブリアン様自身からチェアマンの精神を
ご教授していただいたらこれに勝る幸せはありません。
やっぱり、ブリアン様は最高っスよ。

書評(10点中) 3点