「ああ言えばこう食う 」 阿川佐和子 檀ふみ

小説の基本情報 ああ言えばこう食う (集英社文庫)表紙
ああ言えばこう食う
阿川 佐和子
檀 ふみ
集英社
発売日:2001-06
定価:¥ 540
270ページ
アマゾンで詳細を見る

二人の書き手が、
一つテーマを
前半パートと後半パートに分かれて
交代で書く珍しいスタイルのエッセイ。

エッセイなのに
だらだらとした感じを受けないのは
常にもう一方の書き手を
意識して書いているからかもしれない。


二人で書いていると、
どうしても比べてしまう。

檀ふみ自身も書いてたけど、
阿川佐和子よりも原稿に時間をかけてる感じがする。

毎回、コンスタントに面白いのは、阿川佐和子
つぼに入れば面白いけど、空回りする回もある、檀ふみ
一番面白かった回は、檀ふみ
一番面白くなかった回は、檀ふみ

全般的に楽しい。
二人とも、作家の父を持つ共通点を持つ。
エッセイで、
家族(特に父親)が
こんなに頻繁に出ているのも珍しい。
育ちのよさも伝わってくる。
二人の仲のよさも伝わってくる。

背表紙に
阿川佐和子と檀ふみが二人で楽しそうに写っている
筆者写真がある。
筆者写真を
本を読んでいる途中で、
何回も見返したのは初めて。

書評(10点中) 5点