「伊豆の踊子」川端康成

小説の基本情報 伊豆の踊子 (集英社文庫) (集英社文庫)表紙
伊豆の踊子
川端康成
集英社
発売日:1977-05-20
定価:¥ 600
284ページ
アマゾンで詳細を見る

(注.何のことかよく分からないと思うので、
前回の感想を読んでからお読み下さい。)

けったくそ悪い。
本屋に行くたびにナツイチのキャンペーンが目につきよる。

ん?
なんやこれは?
これが伊豆の踊り子やて?
なんや?
踊り子って、
こんな年増で、こんな男っぽかったやろか・・・
川端康成の好みからも逸脱しとるやろう・・・
誰なんや、こいつは?
なんや、この花びらは?
こんなシーン、伊豆の踊り子にあったかいな・・・

いちいち癇にさわるヤローや!
立ち読みで本を汚したろ。

ぺラッとな。

こっ、これは・・・ ←美味しんぼ(アニメ)で、料理を口に入れた効果音

写真、年表、
なっ、なんて、充実した本の手引きや
まるで、昔の高校生のころ読んでたナツイチの冊子のようや・・・

-------↓美味しんぼ(アニメ)で料理を食って独白してる時の効果音始まり

そうや、
高校生の
お金もなく、本が買えんかったころ、
夏休みで学校の図書館で本が借りれんなかで、
繰り返し読んだんは、この冊子やった。

少ないお金でいい本を買うために、
表紙を眺めながら、
解説を何度も読んで、
内容を想像したもんやった。

本は買えんでも、幸せやった。。。

それが、今はどうや。
金にものを言わせて、
冊子もろくに読まず
ラインナップした本を買うだけになって、
わいは、
いつのまにか、
ほんとうのナツイチの楽しみを見失ってしまってたんや。

---------↑美味しんぼ(アニメ)で料理を食って独白してる時の効果音終わり
---------↓美味しんぼ(アニメ)で改心した時の効果音始まり

集英社はん、目が覚めました。

わいは、冊子を読みます。
読みまくって読みまくって、
題名と表紙から、
自分で物語が作るぐらい想像します。

こんなことを言うと自分勝手かもしれまへんが、
集英社はん、
来年もまた、わいを楽しませてください。

---------↑美味しんぼ(アニメ)で改心した効果音終わり


書評(10点中) 伊豆の踊り子 7点
書評(10点中) 招魂祭一景 3点
書評(10点中) 十六歳の日記 5.5点
書評(10点中) 死体紹介人 5点
書評(10点中) 温泉宿 5.5点

僕は、感想文で誰としゃべってるんだろう・・・

で、感想。
最近、赤毛のアン感想文コンクールが開催されてて、
せっかくだし、
そろそろ感想を世に問おうと応募を考えていました。
で、書いてみると、
「アンは大変魅力的だ。」
「アンはとても可愛い。」
誉めれば誉めるほど、
感想文全体がロリコンぽくてなってキモい。

困って、最初に、断りを入れることも考えた。
「私はロリコンではない。しかし、アンは大変魅力的だ。」
しかし、
これは、脈絡もなくいきなり読む人に、どーなんだろう。
こんなもん、万が一本名で表彰されると、社会的にヤバい。

知らなかった。
おっさんが、少女主体の小説の感想を書くのがこんなに難しいなんてorz

で、
参考になると思ったのが、
青年が、少女を観察しながら、
日本文学で大変評価を得ているこの小説。

伊豆の踊り子を真似した赤毛のアンの感想文。
---------------------------------
アンは孤児で引き取り先をてんてんとして、
最初はとんでもないあばずれを想像しました。
しかし、赤毛の髪を、緑色に一生懸命染めているのを見て、
私は、ことこと笑った。まだ子供なんだ。
ギルバートとアンの一挙一動に、私は目を光らせた。
アンの言外に何があるかを、闇を通して見ようとした。
アンの今夜が汚れるかと悩ましかった。
終盤になると、これでアンともお別れかと思うと、わけもなくぽたぽた涙が落ちた。
---------------------------------

う~ん、アンの感想文コンクールは見送ろう。