「1973年のピンボール」 村上春樹

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:
小説の基本情報 1973年のピンボール (講談社文庫)表紙
1973年のピンボール
村上 春樹
講談社
発売日:2004-11
定価:¥ 420
183ページ
アマゾンで詳細を見る

前回の、風の歌を聴けはよく分からなかったが、
1973年のピンボールのテーマは
たぶん、繰り返し。
だと思う。


 異和感......。
 そういった異和感を僕はしばしば感じる。断片が混じりあっていしまった二種類のパズルを同時に組み立てているような気分だ。とにかくそんな折にはウィスキーを飲んで寝る。朝起きると状況はもっとひどくなっている。繰り返しだ。

講談社文庫 P12

「あなたがピンボール・マシンから得るものは殆んど何もない。数値に置き換えられたプライドだけだ。失うものは実にいっぱいある。歴代大統領の銅像が全部建てられるくらいの銅貨と(略)取り返すことのできぬ貴重な時間だ。
 (略)
 しかしピンボール・マシーンはあなたを何処にも連れて行きはしない。リプレイ(再試行)のランプを灯すだけだ。リプレイ、リプレイ、リプレイ......、まるでピンボール・ゲームそのものがある永劫性を目指しているようにさえ思える。
講談社文庫 P30

で、 繰り返しというのは、すごく興味のある話なので、 それがテーマだと、最後まで信じ続けた。

過去にしていた繰り返しを、現在も惨めに思っているのは分かる。
(正直、それで長々感想もかけそうなんだけど)

でも、
パズルは解けるのが分からない。
双子は消えるのも分からない。
なんでも、テーマと結び付けたがるので
テーマを決め付けて読むこと自体よくないかもしれない。

最後がよく分からんが面白い。
最後がどういう意味かよく分からない。
そもそも、最初からよく分かってないかもしれない。
でも、確実に面白かった。

読み終わってから、
『村上春樹は自作の解説を、登場人物が読んでいる本で暗示することが多い。』
と、amazonのレビューで書いていた。
確かに、
この作品で読んでるのは、「純粋理性批判」。
小説内で、「純粋理性批判」から引用される一説、
「哲学の義務は、誤解によって生じた幻想を除去することにある。」
たしかに、小説にも通じるところがありそうで、何か重要そうだ。

で、
感想を書く前に
純粋理性批判について、調べた。
調べた結果、
概要さえ、繰り返し、繰り返し読んでも分からない。
主人公は、「純粋理性批判」なんて難しい本を読むから、
苦しむんだと、思いました。

書評(10点中) 6点 読みやすさ +0.5点

「管仲」 宮城谷昌光

小説の基本情報 管仲〈上〉 (文春文庫)表紙
管仲
宮城谷昌光
文藝春秋
発売日:2006-07
定価:¥ 610
315ページ
アマゾンで詳細を見る

管仲は名前ばかりで有名で、
どんな人だろうと思ってたので、
初めて春秋の歴史ドラマみたいなビデオで、
「管仲」見たときびっくりした。

桓公を、矢で射殺ろそうとする。
⇒名宰相がいきなり暗殺!

桓公、死んだ振りして、管仲から逃れる。
⇒名宰相が騙された!

桓公、管仲を宰相に迎える。
⇒名宰相が許された!

桓公、覇者になる。
⇒名宰相は権力者の隣で笑ってるだけ!

管仲、自分の息子を殺して食肉として出すような料理人は次の宰相にするなと、桓公に遺言する。
⇒名宰相の言っていることは、あたりまえだ!

ビデオの見た感想は、
こいつはいったい何なんだ。
という印象しかない。

で、読む気になったのがこの本。
名宰相と言うぐらいなので、
宰相の実績が知りたい。

上巻をせっせと読み続けるが、
ぜんぜん、宰相になる気配がない。
上巻の最後に、下巻の目次がついてたので見ると、
「覇者への道」の章が後ろから3つ目!
全体の23/26は、宰相以前の話。

前半は、史実の人物や戦争に管仲を結び付けた
宮城谷昌光のフィクションっぽいけど、
管仲の紆余曲折があるから面白い。
それに、金言が多い。
管仲と鮑叔の出会いから、
管鮑の交わりと言われるまでの過程に多くのページをさいている分、
管仲と鮑叔が、異なる公子を立てて、
君主争いの知恵比べするところが読み応えがある。
管仲が桓公に矢を放つところは、一番の見せ場だし、
宮城谷昌光も、一度書いたストーリーを、
異なる文献からもう一度再考したりするという
変わった書き方を違和感なく読ませる。

宰相になると(といっても3章しかないけど)、
文献の名前がよく出て、フィクション色が減る。
軍事より、国力や外交力で覇者になったところの過程など、
一番興味のあるところだったが、
宰相になった管仲は、言ってることが一から十まで正しすぎて、小説として面白くない。
宰相になった後も、失敗や、
鮑叔との意見の対立があるなかで覇者となる過程が読みたかった。
というか、やっぱり宰相時代の分量が少なすぎる。

倉廩満ちて礼節を知り、衣食足りて栄辱を知る。
を、管仲の言葉とするならば、
もつちょっと菅子の話をいれて宰相時代の話をしてほしかった。

この小説に関しては、
amazonのカスタマーレビューでは絶賛している人が多い。
一方で、宮城谷昌光は、準備不足の上、体調が悪かったのか?
絶版にして書き直せというブログもある。

僕は、一青年の出世物語とすれば、
まあまあ面白いのかもしれないけど、
管仲を題材とした小説なら、
この小説はものたりないと思う。

書評(10点中) 4点

「二十四の瞳」壺井栄

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:
小説の基本情報 二十四の瞳 新装版 (角川文庫 つ 1-1)表紙
二十四の瞳
壷井栄
角川書店
発売日:2007-06
定価:¥ 340
249ページ
アマゾンで詳細を見る

100冊キャンペーンのトップページ
作品別採用数順、トップ30で、
いままで読んだことのない小説が3冊。

二十四の瞳、
堕落論、
グレート・ギャツビー

の3冊。

あらすじを書くために読むことにしました。
-----------------
昭和初期、海辺の寒村に、新米の教師として赴任してきた大石先生と、大石先生を慕う12人の個性豊かな教え子たち。
しかし、
戦争と貧困の過酷な時代に巻き込まれ、
ある生徒は遊女として売られ、
ある生徒は失明し、
ある生徒は戦死する。
かつては、
輝いた小さい瞳で見つめてきた教え子たちに対して、大石先生は応えられるのか。
-----------------

ハイカラな先生として
颯爽と自転車で登場してきた大石先生が、
なにも出来ない。
最後には、泣きみそ先生と呼ばれる。
戦争時代の犠牲になっている
教え子に対して、
何もしてあげられない。

怒りや悲しみを前面に出さずに
絶え間ない生徒への愛情持つ
大石先生の無力感と悔しさが
ひしひしと伝わってきて、
名作でした。

書評(10点中) 7点

「失敗学のすすめ 」畑村洋太郎

小説の基本情報 失敗学のすすめ (講談社文庫)表紙
失敗学のすすめ
畑村洋太郎
講談社
発売日:2005-04
定価:¥ 560
301ページ
アマゾンで詳細を見る

なんの経験もないのに、
ある日、目が覚めると、
ベットの隣に
大企業の社長がいて、
「わが社の重役になって下さい」
と、頼まれる。
三顧の礼で登用された、
三国志の諸葛亮孔明ような人生にあこがれていた。
28歳まではニートでもいいと思ってた。

まったくの素人、
まだ年齢も20代で
会社の重役となり、
俺の命令は、社長の命令や!
言うこときかんと、この剣で切り捨てる。
と、
不満顔の年配の中年の尻を
剣で突きながら命令する。
いつかは俺もと、
漫画で読みながら、
我が事のように、いい気になっていた。
28歳まではニートでも夢があると思ってた。

だけど、万が一でも、
僕が諸葛亮孔明になれるチャンスがあっても、
今は、絶対、断る!

失敗したときが怖い。
失敗してしたら、
「おまえのせいで、国が滅びたやんけ!」
「おまえのせいで、娘がさらわれた!」
「おまえのせいで、俺の家族皆殺しやぞ!」

孔明「すっ、すみません。劉備にやれって言われただけで、僕、戦争、初めてだったんです」

こんな状態にいるのなら、
死んだほうがまし。

昔は想像つかなかった。
他人に迷惑をかける失敗が、
こんなにつらいものだったとは。
他人に迷惑をかける失敗に対して、
自分が脆いものだったとは。

今では、
成功して、他人に尊敬されるより、
失敗しないで、他人に恨まれないほうを選ぶ。

と、言うわけでこの本。

個人的な失敗を
どのように社会的に活かし、
個人の失敗を問わないようにするのか。

どっちかというと、
自分より他人に読んでもらいたい。
それで、失敗にやさしい社会になってほしい。

どういう失敗は、
面接でセーフなのかとか思って読んでいた。

唐突ですが、
読んでた「失敗学のすすめ」が
感想を書くだんになってなくしました。

忘れてまいそうなので、先に書いときます。
見つかったらあとで付け足します。

書評(10点中) 4点

↓メモ書き

失敗は隠れたがる。
失敗すると、人は思考停止に陥りやすく、より多くの失敗を生みやすい。

失敗を知ることで、失敗に対する心構えはしやすい。

また、
「失敗学」というぐらいなので、
学問っぽく失敗を分類している。

何たらの法則にしたがうと・・・
その何たらの法則にしたがう根拠が薄い気がする。

おまえは、人間として失敗作だ!
いえ、私は社会が生んだ失敗作です。
私を見て失敗に備えてください。

「伊豆の踊子」川端康成

小説の基本情報 伊豆の踊子 (集英社文庫) (集英社文庫)表紙
伊豆の踊子
川端康成
集英社
発売日:1977-05-20
定価:¥ 600
284ページ
アマゾンで詳細を見る

(注.何のことかよく分からないと思うので、
前回の感想を読んでからお読み下さい。)

けったくそ悪い。
本屋に行くたびにナツイチのキャンペーンが目につきよる。

ん?
なんやこれは?
これが伊豆の踊り子やて?
なんや?
踊り子って、
こんな年増で、こんな男っぽかったやろか・・・
川端康成の好みからも逸脱しとるやろう・・・
誰なんや、こいつは?
なんや、この花びらは?
こんなシーン、伊豆の踊り子にあったかいな・・・

いちいち癇にさわるヤローや!
立ち読みで本を汚したろ。

ぺラッとな。

こっ、これは・・・ ←美味しんぼ(アニメ)で、料理を口に入れた効果音

写真、年表、
なっ、なんて、充実した本の手引きや
まるで、昔の高校生のころ読んでたナツイチの冊子のようや・・・

-------↓美味しんぼ(アニメ)で料理を食って独白してる時の効果音始まり

そうや、
高校生の
お金もなく、本が買えんかったころ、
夏休みで学校の図書館で本が借りれんなかで、
繰り返し読んだんは、この冊子やった。

少ないお金でいい本を買うために、
表紙を眺めながら、
解説を何度も読んで、
内容を想像したもんやった。

本は買えんでも、幸せやった。。。

それが、今はどうや。
金にものを言わせて、
冊子もろくに読まず
ラインナップした本を買うだけになって、
わいは、
いつのまにか、
ほんとうのナツイチの楽しみを見失ってしまってたんや。

---------↑美味しんぼ(アニメ)で料理を食って独白してる時の効果音終わり
---------↓美味しんぼ(アニメ)で改心した時の効果音始まり

集英社はん、目が覚めました。

わいは、冊子を読みます。
読みまくって読みまくって、
題名と表紙から、
自分で物語が作るぐらい想像します。

こんなことを言うと自分勝手かもしれまへんが、
集英社はん、
来年もまた、わいを楽しませてください。

---------↑美味しんぼ(アニメ)で改心した効果音終わり


書評(10点中) 伊豆の踊り子 7点
書評(10点中) 招魂祭一景 3点
書評(10点中) 十六歳の日記 5.5点
書評(10点中) 死体紹介人 5点
書評(10点中) 温泉宿 5.5点

僕は、感想文で誰としゃべってるんだろう・・・

で、感想。
最近、赤毛のアン感想文コンクールが開催されてて、
せっかくだし、
そろそろ感想を世に問おうと応募を考えていました。
で、書いてみると、
「アンは大変魅力的だ。」
「アンはとても可愛い。」
誉めれば誉めるほど、
感想文全体がロリコンぽくてなってキモい。

困って、最初に、断りを入れることも考えた。
「私はロリコンではない。しかし、アンは大変魅力的だ。」
しかし、
これは、脈絡もなくいきなり読む人に、どーなんだろう。
こんなもん、万が一本名で表彰されると、社会的にヤバい。

知らなかった。
おっさんが、少女主体の小説の感想を書くのがこんなに難しいなんてorz

で、
参考になると思ったのが、
青年が、少女を観察しながら、
日本文学で大変評価を得ているこの小説。

伊豆の踊り子を真似した赤毛のアンの感想文。
---------------------------------
アンは孤児で引き取り先をてんてんとして、
最初はとんでもないあばずれを想像しました。
しかし、赤毛の髪を、緑色に一生懸命染めているのを見て、
私は、ことこと笑った。まだ子供なんだ。
ギルバートとアンの一挙一動に、私は目を光らせた。
アンの言外に何があるかを、闇を通して見ようとした。
アンの今夜が汚れるかと悩ましかった。
終盤になると、これでアンともお別れかと思うと、わけもなくぽたぽた涙が落ちた。
---------------------------------

う~ん、アンの感想文コンクールは見送ろう。

「実戦!恋愛倶楽部」一条ゆかり

小説の基本情報 実戦!恋愛倶楽部 (集英社文庫 い 60-1)表紙
実戦!恋愛倶楽部
一条 ゆかり
集英社
発売日:2007-06
定価:¥ 420
199ページ
アマゾンで詳細を見る

うっひょ~、
来よった、来よった。
読書の夏が。

新潮文庫の100冊。夏の100冊。ナツイチ。
なんて贅沢なんや。

わいは、本を読むことしか楽しみのない人間でしてな、
これだけが楽しみで生きとんのや。

どんな本、読ましてくれんねやろか楽しみでんな。

では、手始めナツイチで選ばれた本から。。。

漫画家一条ゆかり先生が、男ゴコロ、恋愛哲学、恋愛成就テクニックを漫画をまじえつつ披露。
集英社文庫 裏表紙より

男ゴコロ・・・

売れ残るべくして残ってる男もイヤだし
集英社文庫 P46より

うぐっ

ダメな男に注ぐ時間とエネルギーとお金があるなら、ほかの男を捜すために使ったほうが建設的!
集英社文庫 P62より

なんや!
この小説は!
女向けなやいか!
わしゃ、男や!
ええ年したおっさんや!
男はみんなマザコンやて!?

しかも、この本の内容ときたら
駄目男はぜんぜん相手にされへんようになるやないか!

もうたくさんや!

これやから、東京もんはイヤなんや

あんたらみたいな無神経な人間には
相手にされん、駄目な男ゴコロは分からんのや
金輪際、集英さんの小説に感想は書かんからな

書評(10点中) 5点

ネタくさい感想文を書いてしまった。
次回に続きます。

実際は、
これはこういうもんだ!と
ズバッと断定していることが、
違和感なく受け入れられるので、
スッキリするいい本だと思いました。
作者は東京生まれじゃなくて、
岡山生まれらしいです。

小説の基本情報 ローマ人の物語〈11〉ユリウス・カエサル―ルビコン以後(上) (新潮文庫)表紙
ローマ人の物語〈11〉ユリウス・カエサル―ルビコン以後(上) (新潮文庫)
塩野 七生
新潮社
発売日:2004-09
定価:¥ 500
301ページ
アマゾンで詳細を見る

昔、銀河英雄伝説で
専制君主制が勝利して終わったのを
アニメで見てて、
やっぱりフィクションだなぁと、
思った。

しかし最近、
環境が大きな問題になるにつれ、
国民が主権をもつ政体ではなく、
国家さえ自決権を剥奪して、
全世界的に
上から下を制限する
君主制にならないと、
地球環境は回復しないんじゃないかな
と、思う。

そんなわけで、
興味があったのは、
共和制から帝政に移行したローマ帝国。
この巻は、ポンペイウスとの戦争など面白くはあったけど、
どのようにローマは帝政になったのか
という事に興味があったので、
不満だった。

権力を集中させたのは政策を行うためで
カエサルが王位への野心があったのか
塩野七生は書いてない気がした。

カエサルの考えた、他民族総合国家の統治方法としての帝政は、同時代の多くの人の想像を超えていた。
帝政は事実上なった。
新潮文庫(中)P196あたり
とは書いている。
けど、
王位への野心がない限り、
カエサル一代限りの特権で、
カエサルが死ぬと共和制に戻る。

あと、元老院がよく分からない。
カエサルが暗殺される前、
元老院がカエサルに王位を譲ろうとする噂があった。
とも書いてるけど、
あんなに王政嫌いだったのに、
ポンペイウスが敗れて、
元老院の人員はそれほど入れ替わった?

正直、面白かったけど、不満が残った。
共和制から帝政は
次のパクス・ロマーナの話なのかな

書評(10点中) 5点
小説の基本情報 魂がふるえるとき―心に残る物語 日本文学秀作選 (文春文庫)表紙
魂がふるえるとき―心に残る物語 日本文学秀作選 (文春文庫)
文藝春秋
発売日:2004-12
定価:¥ 570
375ページ
アマゾンで詳細を見る

短編は贅沢だと思う。

書き手が
せっかくの題材を
短い文章で終わらせてしまう
という意味でも、
読み手が、
短いから読んだらすぐ忘れてしまう
という意味でも贅沢だと思う。

芥川龍之介の作などよほど有名な小説じゃなければ、
題名さえ思い出すことがない。
小説は無数にあるので、
たぶん死ぬまでにもう二度と読むことないだろうって気がする。

この短編集は、
国木田独歩、幸田露伴、永井荷風、樋口一葉など、
普段、あまり読む機会がない作家、
読むとしても
相当気張らないと読む気にならない作家の短編が
気軽に読めたのがよかった。
国木田独歩は初めて読みました。
国木田独歩は代表作の「武蔵野」や「牛肉と馬鈴薯」も読んで見たいと思いました。
泉鏡花の「外科室」は、
麻酔を使うとうわごとを言うと聞いたので、
麻酔を使わずに手術して下さい、という婦人の話。
関雲長の骨をけずる比喩などこんなところで比べられるかと笑ったし、
うわごとで何を言うのを怖がってるんだろうと、
期待して読めたけど、
読み終わって、反対に、この作家とは合わないと思った。

個人的にこの小説に掲載されている短編の順位をつけると、
1.永井荷風 「ひかげの花」
感想→終わらせ方が絶妙だった。
2.国木田独歩 「忘れえぬ人々」
感想→あるあると思いながら読んで、読み終わって思い返すと、そんな思い出なかった。まんまとのせられた。
番外.川端康成 「片腕」
感想→魂がふるえると言うより、普段から何考えてんのこの人って寒気がしてふるえた。
残りの短編、ほとんど忘れた。(読んでるときはそれなりに面白しろかった)

書評(10点中) 5点

「深紅」野沢尚

小説の基本情報 深紅 (講談社文庫)表紙
深紅 (講談社文庫)
野沢 尚
講談社
発売日:2003-12
定価:¥ 730
454ページ
アマゾンで詳細を見る

講談社の100冊の中で
犯罪の被害者の娘が
加害者の娘に会いに行くという
あらすじが面白そうだったので購入。

しんどい小説だった。
主人公の闇の深さを印象付けたかったのかもしれないけど、
もうええわって言うぐらい、
ハンマーで頭を砕かれた殺害の犯行の記述があり、
苦しむ主人公。
読んでるほうも疲れた。

とにかく、被害者の娘と加害者の娘と会うまでの辛抱だと、
いやいや読み進めていくと、
後半はつまんない小説へと変貌していった。

物語の最初から出ている、
裸で走って一等を祝福を求める狂った大学生がいきていないところが残念。
もっと分かりやすく、主人公の境遇とかぶせてくると思った。
途中で裸になったし。
主人公が何かを勝ち取って祝福を求める姿を期待しちゃった。

 力まかせに鐘を鳴らしてやりたい。その肩からちぎれるほどに。
 今、自分が口許に浮かべているのは、神様と取引をするための笑いではない。
 あの女もおそらく内にこしらえている隠れ家。森を掻き分け、それを探し当て、蹂躙する楽しみ。
 だから奏子は微笑んでいる。
講談社文庫P219より

被害者の娘と加害者の娘が
同じ心に似た闇を持って、
被害者の娘が、加害者の娘の傷をひろげにいく
という肉体的ではなく精神的に復讐するという着想はすごく面白い。

ネタバレになるけど、
このあらすじを読んだとき、
被害者の娘が、加害者の娘に会ったときの、
加害者の娘の反応も楽しみにしていた。
それが肩透かしだったのも消化不良。
カタルシスを感じなかった。←文学賞のコメントで使ってたので、使ってみたかった。

消化不良だけど、読後感はいい。

この小説のすばらしい応援団・高橋克彦さんの最後のあとがきが一番楽しい。

書評(10点中) 4点

「風の歌を聴け」 村上春樹

小説の基本情報 風の歌を聴け (講談社文庫)表紙
風の歌を聴け
村上 春樹
講談社
発売日:2004-09-15
定価:¥ 400
160ページ
アマゾンで詳細を見る

いままで読んだ小説の中でも
一番すばらしい、
最高傑作で、
小説に限らずに
僕の人生にもっとも影響をあたえた。
とまで言うつもりはない。
(この小説の一説の真似した書き方)

だけど、普通に面白い。
で、
どう感想を書くか。

ストーリーが特に面白い訳でもない。
大学生が、夏休みに帰省したお話。
主人公も特筆するところがない。
スター性がない。
根性がない。
努力がない。
熱血がない。
執念がない。
夢もない。

 もしあなたが芸術や文学を求めているのならギリシャ人の書いたものを読めばいい。真の芸術が生み出されるためには奴隷制度が必要不可欠だからだ。古代ギリシャ人がそうであったように、奴隷が畑を耕し、食事を作り、船を漕ぎ、そしてその間に市民は地中海の太陽の下で詩作に耽り、数学に取り組む。芸術とはそういったものだ。
 夜中の3時に寝静まった台所の冷蔵庫を漁るような人間には、それだけの文章しか書くことはできない。
 そして、それが僕だ。
講談社文庫P13より

風の歌を聴けで、
一番、引っかかったのは上の引用。
作家なんて、
詩作に耽るのが仕事だろ。
金払ったら、
いくらでも、
労働者が畑を耕し、食事を作り、船を漕いでくれるんだから。
あとは太陽の下でしかできないんなら、
夜中の3時じゃなくて、昼にしろ
と思った。
創作の僕じゃなくて、
村上春樹本人は健康的らしいけど。

この小説は、
畑を耕し、食事を作り、船を漕ぐ側の小説ではない。
太陽が沈んだころに、
酔っ払いながら
言葉遊びを楽しんでるだけの文章がならんでるだけの気もする。

ほんとに
何が面白いか分からない。
でも、面白い。

感想を考えながら、
三部作の2作目にあたる
1973年のピンボールを読み出した。
風の歌を聴けと、
1973年のピンボールの
感想がごっちゃまぜになりそうなので、
とりあえず、感想を残すことにしました。

よく分からんが面白い。
何が面白いかよく分からない。
でも、確実に面白かった。

書評(10点中) 6点 読みやすさ +0.5点